Home » プログラム

日本語教師アシスタント募集!!

2014年10月10日

パースのトップの公立学校で、長期日本語教師アシスタントを募集中!!

オーストラリアは、学習優先度の高いアジア語として、中国語、日本語、インドネシア語、韓国語の4言語を指定しており、日本語教育も活発に行われています。

日本語教師アシスタントプログラムは、現地の学校で日本語を教える先生のアシスタントとして、一緒にクラスに入り、子どもたちに日本語を教えて頂きます。言語は文化・風俗とも深く関係してるため、日本とは異なる文化圏で、どのように『日本』を伝えていくのか、ただ日本語教えるだけではない、チャレンジングでやりがいがあるプログラムとなっています。

☆日本語教育に関心がある
☆将来、日本/海外で教員を目指したい
☆将来、日本語教員を目指したい
☆普通の留学では経験できないことをしたい
☆今後のご自身のキャリアについて考えたい


上記に1つでも当てはまる方は、ぜひお問い合わせ下さい。

student_ipad_school - 124
by flickingerbrad

プログラム概要

今回の日本語教師アシスタントは、長期間滞在ができる方を対象としております。なお、アシスタントは無給となりますので、ご了承ください。


期間2015年3月から10ヶ月以上
開始日・終了日の調整はご相談下さい。
募集対象日本の大学・大学院生・30歳までの社会人
場所パース
必要英語力初中級以上の英語力が望ましいですが、初級の方でもご相談下さい。
定員1名
応募締切2014年12月31日


必要な費用

パースの日本語教師アシスタントに必要な費用は下記の通りです。

お手配料220ドル(約2万2千円)
ビザ取得約10万円
日本語教師アシスタント用の特別なビザを手配します*
留学保険期間とプランによって約15万~25万円
WWC未成年と関わる時に必要となる証明です。費用は10.8ドル(約1,000円)
*ワーキングホリデービザでもご参加可能です。

その他、航空券、現地の生活費が必要となります。

現地での滞在方法は、ホームステイ、シェアハウス等お選び頂けますが、最初の6週間は、日本語を学ぶ生徒さんの家で無料でホームステイができます。6週間の後は、引き続き生徒さん宅にホームステイをすることもできますし、シェアハウス等へ移動することもできます。

滞在期間中は、もちろんオーストラリア留学センターパース支店の現地サポート付き!


2014 Kings Park

現地の日本語の先生の勉強会や集まりにも参加することができます。
英語を学ぶ以外にも貴重な経験を積むことができる、日本語教師ボランティアプログラム。

お問い合わせはこちらから

こちらのページのご質問は、無料相談フォームよりご利用ください。