Home » 体 験 談, 大学・大学院 体験談, 大学/大学院, 未分類

カーティン大学のNursing Conversionコース最新情報!

2015年10月21日

コース再編成のため、一時、情報が公開されていなかったパース、Curtin University(カーティン大学)のNursing Conversionコースの最新情報が参りました!


IMG_2431

カーティン大学の看護コンバージョンコース


【2016年Conversion Program for Registered Nurses】
コース名Bachelor of Nursing, Conversion Program for Registered Nurses
期間1年
2016年学費30,800ドル
入学月2月、7月
必要な看護師経歴期間病院で12ヶ月以上の勤務経験
必要なIELTSスコア7.0 (各バンド7.0以上)

*入学の可否は大学側の査定次第となります。

カーティン大学のナーシングコンバージョンコース入学に必要な英語が足りない場合、カーティン大学付属語学学校、「Curtin English」で学ぶことができます。

カーティンイングリッシュのEnglish Language Bridging(ELB)コース


カーティン大学と同じキャンパスにある大学付属語学学校で、カーティン大学に入学するための英語のPathwayコースを開講しています。
アカデミックな学習に重点を置いているカーティン英語コースですが、中でもこの英語のブリッジングコースはハードな勉強で有名。でも大学の準備コースとして、非常に役立つ授業内容から「受講しておいてよかった!」という声が聞かれます。
そんなカーティン大学の英語ブリッジングコース詳細はこちら。

【2016年English Language Bridging17週間コース】
期間17週
2016年学費8,900ドル
入学月3月、7月、9月
必要なIELTSスコア6.0

【2016年English Language Bridging10週間コース】
期間10週
2016年学費5,450ドル
入学月5月、9月、11月
必要なIELTSスコア6.5

カーティン大学ナーシングコンバージョンコースの進学モデルプラン


実際の留学プランは各自の英語力により異なりますが、英語力が中級レベルの方の一般的な進学プランをご案内しましょう。

【カーティン大学ナーシングコンバージョンコース進学モデルプラン】
3月病院を退職
5月オーストラリアへ渡航、一般英語コース入学(途中アカデミック英語コースへ進学)
翌年3月English Language Bridging17週コース入学
7月English Language Bridgingコース卒業
7月カーティン大学Conversion Program for Registered Nursesコース入学

*進学プランは日本でおもちの英語力により異なります。
*各英語レベルで規定の成績を修めた場合のみ、次のレベル、コースに進学が可能です。

PICT0056

パースで一年間のカーティン大学、Nursing Conversionを学んだNさんの体験談をご紹介しましょう。
—————————————————————————————————————————————
オーストラリアに観光で来たときにとても気に入り、住めたらいいなと思っていました。
看護師として日本で3年半の経験があって、オーストラリアでも同じ仕事がしたかったので、ナーシングコンバージョンコースの存在を知って、これだ!と思い留学しました。

日本で1年間ぐらい看護師の仕事をしながらIELTS受験のための勉強をし、カーティン大学のナーシングコンバージョンコースに入学したのですが、大学卒業時にオーストラリアの看護師と同等レベルの知識を得ないといけないと思って、自分にプレッシャーをかけていた気がします。
そして卒業した今もまだ勉強しています。

大学在学中は、アボリジニの健康問題について学べたり、相手の文化を考慮して看護する多国籍ならではの看護が学べたのは有意義でした。
また、患者さんの対応や看護師の知識の深さは、日本より進んでいると思いました。

カーティン大学で手配をしてくれた現地実習が本当に楽しかったです。
日本で看護師としての資格がすでにあるせいか、病院の看護師さんたちも私を一人前の看護師として扱ってくれて、責任のある仕事を任されたので、本当にやりがいがありました。
オーストラリアで看護の勉強をしてよかったと思っています。

お問い合わせはこちらから

こちらのページのご質問は、無料相談フォームよりご利用ください。